返却方法

自動車カルネは、自家用自動車や自動二輪を外国に持ち込むときの、一時輸入の通関手続を簡素化する書類です。この手続きをとると、一時輸入された自己所有の自動車は、持ち込んだ国に登録する必要はなく、日本登録のままで外国で乗ることができます。
ただし、カルネの有効期間は1年間で、この期間内に速やかに自動車を返さなければなりません。
カルネはその車両の所有者も外国に渡航して、自分自身がその車両を乗らなければなりません。そして、滞在が終わってカルネの使用を終了した後、または一年間のカルネ有効期間満了後は、速やかにカルネをJAFに返さなければなりません。JAFでは、返却したカルネの使用状況等を確認した上で、申し込み時に預けておいたクレーム処理預り金を返金してくれますが、場合によってはカルネを返した後にも、預り金を引き続き一定期間預けなければならないケースもあります。具体的な手続きについては、申し込み時にも窓口で大まかな流れの説明を聞くことができますが、実際に返すときにはあらかじめJAF窓口に電話をして、内容を確認したり手続きの予約をとっておく必要があります。なお、複数の国に渡航するときでもカルネの使用は可能です。

コメントは受け付けていません。